<京都金杯:追い切り>

 クルーガー(牡6、高野)は雪がちらつく栗東坂路で、残り1ハロンで浜中騎手が追うと一気に加速し、11秒7という猛時計をマークした。

 初コンビの鞍上は「いい動きだった。時計もビックリするほど速い。11秒7なんて、僕は初めてじゃないかな。イメージ通り瞬発力があるし乗りやすい」と高評価した。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ