<天皇賞・春:追い切り>

 皐月賞馬ディーマジェスティ(牡4、二ノ宮)は美浦ウッドで最終追い切りを行った。

 蛯名騎手を背に角馬場で入念に体をほぐした後、ワールドレーヴ(古馬1600万)を3馬身追走し、直線は内から目いっぱいに追われると、最後はパートナーに首差先着した。二ノ宮師は「今日も強いところをいっぱいにできた。これで変わってくれれば。状態は非常にいいので、全能力を発揮してもらいたい」と笑顔で話した。金曜朝に京都競馬場へ移動し、土曜の朝に馬場入り予定。始動戦の日経賞は6着に敗れており、師は「気性的にカリカリしているところがあるので、ゆっくり調教しながら環境に慣らせたい」と万全の構えで巻き返しを誓った。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ