毎日杯(G3、芝1800メートル)に出走するサトノアーサー(牡3、池江)が、順調な調整ぶりを見せている。

 前走のきさらぎ賞は道悪に泣かされ2着だったが、田重田助手は「大跳びの馬なのに、よく道悪をこなしてくれた。力のあるところは見せられたと思います」。新馬戦こそ1着同着だったが、続くシクラメン賞では上がり32秒7という究極の末脚で3馬身半差の快勝。今回の舞台も、その時と同じ阪神外回り1800メートルだ。「週末は天気も良さそうだし、きっちり結果を出して、皐月賞に行きたいですね」と気合十分だった。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ