帝王賞を制したコパノリッキー(牡6、村山)が、米G1のブリーダーズC(BC、11月4、5日=サンタアニタ競馬場)に正式に向かうことが3日、分かった。

 現時点で選択肢はBCダートマイル(G1、ダート1600メートル)かBCクラシック(G1、ダート2000メートル)のいずれか。10月10日盛岡の南部杯(統一G1、ダート1600メートル)を挟む案もあったが、村山師は「アメリカに行きます。(南部杯は)スケジュールを考えると厳しいと思うので」と、米直行プランを明かした。また結果次第では米国で種牡馬入りすることも検討されている。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想