中山記念3着のリアルスティール(牡4、矢作)はドバイターフ(G1、芝1800メートル、26日=メイダン)へR・ムーア騎手で向かう。3日、管理する矢作師が発表した。「コーナーが4つよりも、ワンターンで左回りがいいし、芝質も合っている」と話した。

 また、シーマCに招待されたタッチングスピーチ(牝4、石坂)は辞退。4月3日阪神の大阪杯(G2、芝2000メートル)へ向かう。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想