89年にG1・3勝を挙げてその年の年度代表馬イナリワン(牡、父ミルジョージ)が7日午後4時25分、繋養(けいよう)先の北海道占冠村・あるぷすペンションで死んだ。32歳だった。

 86年12月、大井競馬の福永二三雄厩舎でデビュー、14戦9勝の成績を残して中央入り(美浦・鈴木清厩舎)した。89年、中央入り3戦目となった天皇賞・春では武豊騎手が騎乗して優勝。続く宝塚記念も同騎手が騎乗してG1連勝。その年の有馬記念は柴田政人騎手で制し、この年G1で3勝。死闘を繰り広げたオグリキャップ、スーパークリークとともに「平成3強」とされ、ファンに親しまれた。翌90年に引退。地方を含めた通算成績は25戦12勝。あるぷすペンションの本田光司さん(44)は「弱い者いじめする馬の仲裁に入るなど、面倒見のよい親分肌でした。リンゴが大好きでよくファンにもらっていたし、ファンレターも来ていた。大往生だし、馬も幸せだったのではないでしょうか」としみじみ話した。

 現役時代に騎乗した柴田政人師は「体は小さいけれど大きな馬に乗っている感じで、ディープインパクトを見て似ているなあと思っていた。バネがあって迫力ある走りだった。前向きな気性で長い距離は折り合いをつけるのが難しかったが、いろいろ勉強させてもらったし、思い出に残る馬だね」とコメントした。

  1. コンピ予想バトル開催! 参加者募集中!
  2. ニッカンAI予想アプリ