昨年、ヴィクトリアMとスプリンターズSを制したストレイトガール(牝7、藤原英)が現役を続行することが28日、藤原英師から発表された。

 同馬は昨年の香港スプリント9着後に引退を表明したが、繁殖入りの方針を変更。3月上旬に放牧先から帰厩し、4月9日の阪神牝馬S(G2、芝1600メートル)で戦列復帰することが決まった。その後は、5月15日東京のヴィクトリアM(G1、芝1600メートル)連覇を目指す予定。藤原英師は「できる限り馬主の意向に応えたい。3月の上旬に戻ってきて、(阪神牝馬Sに)行けるのであれば行くし、年齢を感じたらやめる。7歳だけど、サプライズを起こせるように頑張りたい」と話した。

  1. コンピ予想バトル開催! 参加者募集中!
  2. ニッカンAI予想アプリ