<エリザベス女王杯>◇15日=京都◇G1◇芝2200メートル◇3歳上牝◇出走18頭

 3歳牝馬タッチングスピーチ(石坂)は僅差の3着だった。

 後方から末脚にかけたが、エンジンのかかりが遅く、豪脚を繰り出したのは直線半ばを過ぎてから。ラストは上位2頭に際どく迫るも、勝ち馬には首+鼻差及ばず。ルメール騎手は「初めて本来のタッチングスピーチを見ることができてうれしい。最後の100メートルは本当に素晴らしい脚でした。G1を勝つ能力は秘めているので、今後それを楽しみにしています」とたたえた。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ