10月31日の京都11RスワンSで落馬し、右肩鎖関節脱臼と右鎖骨剥離(はくり)骨折を発症した福永祐一騎手(38)が6日に手術を受けることがわかった。

 復帰時期は術後の経過に左右されるが、落馬直後に自身が「年内はだめかもしれない」と話していた通り、来年にずれこむことになりそうだ。

 「ちゃんと治したい」と将来的なものも考慮されての選択と思われる。今年は121勝を挙げてリーディングを独走していただけに無念の離脱となる。

  1. ニッカンAI予想
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ