左前脚の捻挫で秋初戦のローズSを回避したショウナンアデラ(牝3、二ノ宮)が14日、左前脚を骨折していることが分かった。

 管理する二ノ宮師が明らかにした。骨折箇所は左前脚の管骨の裏側で全治は6カ月程度とみられる。桜花賞へ直行予定だった春は3月に右前脚第3手骨を骨折し、全休。復活を期した秋もけがに泣く形となった。二ノ宮師は「来春の復帰を目指します」と話した。

  1. 藤田菜七子騎手まとめページはこちら!
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!