<京都大賞典:追い切り>

 カレンミロティック(せん7、平田)は坂路で4ハロン52秒2-12秒3をマークした。しまいは一杯に追われて上々の伸び。騎乗した藤懸騎手(レースは蛯名騎手)は「反応も良かったし、今日の動きなら仕上がりには何の不安もない」と好感触。今回は少頭数で逃げる馬もいないだけに流れがどうか。

 高阪助手は「ある程度流れてほしい。ドスローにはなってほしくないので」と願っていた。

  1. 回収率100%超!絶好調記者ほか全予想陣の印が見られる!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】