日本軽種馬協会は5日、種牡馬エンパイアメーカー(牡15)が米ケンタッキー州のゲインズウェイファームに移籍すると正式に発表した。

 現在けい養している北海道・静内種馬場の中西信吾場長は「日本での種付け頭数が減ってきていたことと、米国の複数の牧場からオファーがあったので売却が決まりました。日本で生まれた600頭以上の産駒の中から後継馬が出ることを期待しています」と話した。

  1. 藤田菜七子騎手まとめページはこちら!
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!