マジンプロスパー(牡8、中尾)が右前深屈腱炎を発症し、スプリンターズSを回避した。中尾師は2日、「朝の調教後は大丈夫だったんですが、昼に馬房から出したら脚が腫れていて歩様も悪かった。最後の最後に残念です」と無念そうに話した。

 G1を引退レースに予定していたが、出走かなわずターフを去ることになった。同馬の馬主は元プロ野球選手の佐々木主浩氏。JRA通算35戦7勝、主な勝ち鞍は12、13年CBC賞、12年阪急杯。近日中に生まれ故郷のハシモトファーム(北海道新冠町)に帰り、種牡馬となる予定。

  1. 藤田菜七子騎手まとめページはこちら!
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!