レパードSなどダート重賞2勝のクロスクリーガー(牡3、庄野)が21日朝、大腸炎で急死した。

 同馬はアドマイヤオーラ産駒初の重賞ウイナー。今年7月に行われたジャパンダートーダービーでも2着に入った現3歳世代のトップダートホースだった。庄野師は「きのうの朝から大腸炎の症状が出て、牧場の方々にも懸命に処置していただきましたが、今朝死にました。残念です」と話した。

  1. 藤田菜七子騎手まとめページはこちら!
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!