イタリアのダリオ・バルジュー騎手(39)が30日に行われる2016年度のJRA騎手免許試験第1次試験を受験することが15日、分かった。

 フェイスブックの自分のサイトに英語で書かれた競馬法規書類の画像をアップし、日本語で「勉強します。決心した」と書いたコメントを投稿。受験への決意を示した。

 外国人騎手の受験は一昨年と昨年のミルコ・デムーロ騎手(イタリア)、昨年のルメール騎手(フランス)に続き3人目。母国イタリア競馬界の経済事情に好転の見通しが立たず、短期免許で来日する基準も以前より厳しくなった。同郷のM・デムーロ騎手の活躍にも刺激を受け、今回の受験を決断した模様だ。

 同騎手は02年に初来日。JRAでは1191戦90勝。コスモサンビームで勝った03年朝日杯FS(G1)など、重賞は4勝を挙げている。1次試験を突破し、来年の2次試験に合格すれば3人目の外国人JRA騎手の誕生となる。

  1. 藤田菜七子騎手まとめページはこちら!
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!