天皇賞・春でG1・6勝目を挙げたゴールドシップ(牡6、須貝)が29日、ゲート再審査に合格した。

 同馬は前走でゲート入りが悪く、発走調教再審査を課されていた。この日は横山典騎手を背にゲートに入ると、落ち着いた様子で駐立。扉が開くと同時に、抜群のスタートを切った。「受かったよ。馬が隣にいても落ち着いていたしね。ただ、レースと調教場ではいろんな意味で違うところもあるし、中間もまた練習していく。宝塚記念に向けてしっかり頑張りたい」と須貝師。同一G1・3連覇を楽しみにしていた。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】