札幌記念を制したプログノーシス(牡5、中内田)は10月29日の天皇賞・秋(G1、芝2000メートル)を目標にすることが決まった。所有する社台レースホースが23日、公式サイトで発表した。

レース後は宮城県の山元トレセンへ放牧に出され、この日に栗東へ帰厩した。海外では4月の香港クイーンエリザベス2世Cで2着と好走したが、国内のG1出走は初めてとなる。

天皇賞・秋には昨年の年度代表馬イクイノックス(牡4、木村)や、昨年のダービー馬ドウデュース(牡4、友道)も参戦を予定しており、豪華なメンバーが集まりそうだ。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】