ダービー3勝、JRA通算2613勝の名手・福永祐一騎手(46)が8日、2023年度のJRA新規調教師試験に合格した。これにより、来年2月末で騎手を引退することになる。

福永騎手は今後、騎手免許が有効な来年2月末まで騎乗を続ける予定。3月1日からは技術調教師という立場になり、厩舎開業までの1年間、どこかの厩舎に所属するなどして準備を進めることになる。今後のプランについて会見では「海外も含め、生産牧場、育成牧場などいろいろなところを見て、厩舎経営に必要な経験を積んでいきたいと考えています」と話した。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】