世界最高峰の一戦、凱旋門賞(G1、芝2400メートル、10月2日=パリロンシャン競馬場、日本時間23時05分発走予定)がいよいよ迫る。

出走馬で最年長の7歳ステイフーリッシュ(牡、矢作)は、エーグル調教場のダートコースで7ハロンのキャンターをこなした。

矢作師は「気合が乗ったね。岡(調教助手)が抑えるのに苦労するくらい。元気がいいのは何より。ポジティブにしか考えていない」と調整は至って順調だ。

海外重賞2連勝を飾ったサウジ、ドバイでも同じ雰囲気だったと明かし「乗り手が苦労するようなところがバロメーター」と手応えを得ていた。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】