凱旋門賞(G1、芝2400メートル、10月2日=パリロンシャン競馬場)の枠順抽選が現地29日、フランスの競馬チャンネル「エキディア」で生中継される形で行われた。

用意された馬名とゲート番のカプセルを司会者が順に引き、出走20頭のゲート番が決まっていった。

ダービー馬ドウデュース(牡3、友道)は友道師の希望通り、内の3番ゲートに入った。師は抽選前から「内枠の方がいいんじゃないかと思う。馬混みで競馬をすると思うし、馬場も使っていないので傷んでいないと思う」と話していた。願ってもない好枠は間違いなく追い風だ。

馬はこの日、引き運動を1時間。「普段と変わらず順調にきています。毛づやもだいぶ良くなっている」と上昇気配だ。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】