凱旋門賞(G1、芝2400メートル、10月2日=パリロンシャン)で海外重賞2勝のステイフーリッシュ(牡7、矢作)に騎乗するクリストフ・ルメール騎手(43)が28日、仏シャンティイで公式会見に出席した。

ダービー馬ドウデュース(牡3、友道)に騎乗する武豊騎手(53)とともに、各国のメディアからの質問に答えた。

-日本におけるステイフーリッシュの位置づけは

ルメール騎手 他の日本馬3頭と比べて、まったく違うプロフィル。経験を積んでレベルを上げてきた。今年はサウジアラビアとドバイで重賞を勝った。日本では結果を出せていないけど、海外で結果を出す馬。

-今年こそ日本の悲願がかなうと思うか

ルメール騎手 そうなるといいね。今年は有力馬がたくさん来た。凱旋門賞は特別なレースで勝つのが難しいと言われている。オルフェーヴルでも勝つことができなかった。いろんな要素が加わってくるけど、最大限の力を出せば勝つ要素が出てくる。そこに期待するしかない。

-験担ぎはするか

ルメール騎手 あまりしないけど、どのレースの前もルーティンはある。ゴーグルをチェックしたり、馬をなでたり・・・。特別なことはしていない。

-まだ凱旋門賞を勝っていないが、フラストレーションはあるか

ルメール騎手 フラストレーションはまったくない。そんな気持ちでいつづけてもいいことはない。ポジティブにとらえることにしている。毎年、1つの目標にしているし、フランス人ということで、勝つことに特別な思いはある。今は日本のジョッキーなので、日本の馬で勝てたら信じられない気持ちになると思う。

-今日の追い切りの感触は

ルメール騎手 すごくいい状態。本当にいい感じだった。エーグル(調教場)の芝はやや重だったけど、動きが良くて、サウジアラビアの前ぐらいのコンディションだと思った。すごく元気なのが確認できて安心した。

-(隣にいる)武豊騎手とドウデュースをどう見るか

ルメール騎手 キャリアを考えても1つの“モデル”だと思う。深い尊敬がある。私が日本へ来た時も受け入れてくれた。リスペクトしている。仲がいい方がレースでプラスになる時が多い。(本番では)なるべく邪魔しないようにしたいし、ユタカさんにも同じこと(「邪魔しないで」と)を言いたい(笑い)。

-06年は武豊騎手のディープインパクトが3着(のちに失格)、ルメール騎手のプライドが2着だった

ルメール騎手 どのレースでも大事なのは、馬の長所と短所をすべて理解すること。それを一番よく知っていればいいレースができる。06年はディープインパクトが「絶対に勝つ」と言われていて、私もマークしていて、ディープインパクトが疲れたので差すことができたけど、残念ながらもう1頭(勝ち馬のレイルリンクが)前にいた。

-ライバルはどの馬か

ルメール騎手 アルピニスタを警戒したい。牝馬は凱旋門賞をたくさん勝っているし、経験がある馬で能力も高い。個人的にも好きな馬。

-日本馬の中で道悪が得意なのはどの馬か

ルメール騎手 すごく難しい質問。日本馬はこちらの道悪に慣れていなくて結果を出せていないのは理解できる。ステイフーリッシュは(道悪の得意な)ステイゴールドの血が流れているので重い馬場にも対応できるのでは。

-自身のブランドに武豊騎手を起用しないのか

ルメール騎手 ユタカさんは競馬のアンバサダー。私もデザインで競馬に新しい風を吹き込むために、まずは自分が出ていこうと考えた。ユタカさんとは話をしていて、プロモーション動画に出てもらう予定なので、もう少しお待ちを(笑い)。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】