<神戸新聞杯>◇25日=中京◇G2◇芝2200メートル◇3歳牡牝◇出走17頭◇1~3着馬に菊花賞優先出走権

収穫の秋だ! 5番人気のジャスティンパレス(牡、杉山晴)が、鮫島克駿騎手(25)との初コンビで重賞初制覇を飾った。好位の内から抜け出し、3馬身半差の完勝。春2冠の悔しさを夏の成長で晴らした。

杉山晴紀調教師(40)はセントライト記念のガイアフォースに続き、菊花賞TR連勝となった。今後は馬の様子を見て決められる。

   ◇   ◇   ◇

王者の風格さえ漂う堂々たる走りだった。漆黒の馬体を軽やかに弾ませて、ジャスティンパレスは他馬を置き去りにした。つけた着差は3馬身半。鮫島駿騎手は検量室前でこん身のガッツポーズを見せた。

「余力のある勝ち方でしたし、本当に強かったです。これから期待と楽しみしかないです」

青写真通りだった。前日から「芝は内しか伸びない。最内、悪くても2頭目を通らないと厳しい」と分析。何が何でも逃げ馬の後ろ、好位のラチ沿いがほしかった。課題だったゲートを決めて、ビクトリースポットへ。「狙っていたポジションが取れて、不安なく乗ることができました。力があるのは分かっていましたし、追い出してからもいい加速力でした」。直線入り口で勝利を確信するほど、異次元の走りだった。

初の重賞タイトルを手にして、目指すはさらなる大舞台。次走は未定だが、トライアルを制したとなれば当然、3冠最終戦の菊花賞も視野に入る。「この夏の休養効果、成長がものすごく感じられました」と杉山晴師。春は皐月賞、ダービーとも9着に敗れたが、パワーアップした今なら、一気に頂点まで見える。【藤本真育】

◆ジャスティンパレス ▽父 ディープインパクト▽母 パレスルーマー(ロイヤルアンセム)▽牡3▽馬主 三木正浩▽調教師 杉山晴紀(栗東)▽生産者 ノーザンファーム(北海道安平町)▽戦績 6戦3勝▽総収得賞金 1億72万3000円▽馬名の由来 冠名+母名の一部

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】