<オールカマー:追い切り>

天皇賞・春3着以来のテーオーロイヤルは、菱田騎手を背に馬なりで4ハロン52秒3-12秒2をマーク。全体時計が速く、しかも徐々に加速してラスト1ハロンで最速ラップを刻んだ。

先週はCウッドで併せ馬をこなしており、調整過程は万全だ。岡田師は「全体で53~54秒くらいのつもりだったが、それで速くなるのは状態のいい証拠。休み明けを感じさせない走りだし、ここで賞金を加算できれば」と期待を込めた。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】