<週末はみんなでジャンプ2022=第59回・8月20日>

今週もジャンプレース(障害競走)を楽しもう-。マーケティング予想の井上力心(よしきよ)記者、海外競馬&ジャンプ大好きの木南友輔記者、大阪の木村有三デスクが楽しく、そして、本気で予想します。

   ◇   ◇   ◇

木村デスク タイキシャトルが天国へ旅立ち、名伯楽伊藤雄二さんもお亡くなりになりました。なんか、自分が学生だった頃を思い出して・・・。

木南 伊藤雄二さんが現役の調教師だった頃は自分は取材していなくて、本紙で予想をしてくださっているときも先輩記者が取材を担当していたので、あまり直接話す機会はなかったんですけど、夏はいつも函館競馬場の調教を見に来ていて、そこでごあいさつさせてもらって、短い時間でしたけど、伊藤雄二さんのすごさに触れた経験があります。宝物です。

力心 自分は伊藤雄二さんにお会いしたことはなかったですけど、育てられた数々の名馬の名前を聞くと、それが今の競馬につながっているんだなあと感じます。

木南 タイキシャトルも、先週、藤沢先生(和雄元調教師)にお会いして、食事して、ジャックルマロワ賞の話をして、今週月曜にも電話で今年のジャックルマロワ賞の振り返りと、タイキシャトルで挑んだ当時のことを話していたから・・・、突然だったけど、改めてタイキシャトルってすごい馬だったよね。

木村デスク さて、今週の競馬やね。追悼の気持ちで伊藤雄二厩舎関連の馬を探そうと思ったけど、エアグルーヴの血統を持つ馬は多すぎるわ。

力心 土曜は新潟で1Rの未勝利戦、4Rのオープンの2鞍です。

木南 1Rは◎アンブロジオ。今回からコンビを組む石神騎手が感触をつかんでいる。惜しい競馬が続いているし、チャンスは十分。

木村デスク ここは◎リーガルマナーやろ。2走前、初障害の新潟でいきなり2着。中京の前走も勝ち馬から0秒3差の3着。小牧加騎手が3戦目で決めてくれるはずや。

力心 僕は◎アスターマリンバ。平地時代から新潟は好成績。前走は厳しい流れを4着に粘りました。安定感が魅力です。

木南 4Rは◎エイムアンドエンドだ。伴騎手がほれ込んでいる馬。2走前に敗れたときは「相手が悪かった」と言っていたけど、その言葉どおりにヴァーダイトは重賞で3着に好走したからね。前走を勝って昇級戦だけど、今回も楽しみ。

木村デスク ここは◎マイネルパラディを狙ってみたい。先週の関屋記念を勝ったウインカーネリアンと同じスクリーンヒーロー産駒。飛越がうまくなっているし、スピードを生かせば。

力心 僕は◎ヤマノグリッターズを狙います。ジャンプ転向3戦目の前走で勝ち上がった馬。その前走の2着マイネルグロンは未勝利を勝ち上がっていますし、4着は新潟ジャンプS2着のゼノヴァースです。優秀な内容でした。昇級初戦で久々という条件になりますが、戦ってきた相手を考えると、能力的に足りますよ。

◆井上力心(いのうえ・よしきよ)1986年(昭61)9月6日、福岡県北九州市生まれ。幼少時に父と小倉競馬場へ行き、競馬の魅力にはまる。ITエンジニア、マーケティングコンサルタント職を経て、日刊スポーツ新聞社の競馬担当へ。マーケティング用語を駆使した独自の予想にチャレンジ。

◆木南友輔(きなみ・ゆうすけ)1980年(昭55)8月6日、東京都生まれ。趣味は登山と社会人野球観戦。

◆木村有三(きむら・ゆうぞう)1974年(昭49年)、大阪市出身。98年入社。ゴルフ、プロ野球、大相撲、ボクシング担当などを経て17年4月から競馬担当へ。大学までゴルフに打ち込み、メンタルのコントロールは得意なはず・・・。栗東トレセンで関西馬中心に取材。YouTubeで「この血が走る! 極ウマ血統ランキング」も担当している。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】