暑いのはドンと来い! 下村琴葉記者の「夏のイチ押し」は、2年目の女性ジョッキー、永島まなみ騎手(19=高橋康)だ。14日の小倉では自身2度目の1日2勝を記録。早くも昨年の年間7勝を上回る9勝目に到達するなど、勢いを増している。19歳の好調の理由とは?

   ◇   ◇   ◇

バケツをひっくり返したような雨が降り、雷光が曇天を明るくした18日の栗東トレセン。黒のレインコートに身を包んだ永島騎手は「すごい雨ですね。雷が落ちた時は馬がみんな暴れていましたよ」と驚きを隠せなかった。

先週日曜の14日は、小倉で自身2度目の1日2勝を記録。勝利に導いた2頭はどちらも8番人気だった。レース後、「昨日(13日)も、もっといい成績を出さないといけなかったのでまだまだです。これからも頑張ります」と気を緩めることはなかった。

これで昨年ルーキーイヤーの年間7勝を塗り替えて、今年9勝目。19歳の勢いの秘訣(ひけつ)は、今の季節が関係しているかもしれない。「体が動かないのは夏も冬も同じなのですが、寒いのが本当に苦手なんです・・・。なので夏の方がいいですね。暑いのはドンとこい! という感じです」。確かに昨年は11月13日が最後の勝利で、今年2月27日まで約3カ月半勝てない時期が続いた。

8月の栗東トレセンはいつも30度超え。直射日光がギラギラと照りつける厳しい環境だが、暑さにバテてしまうこともないという。「食欲も減ったりしないですね。むしろめっちゃ食べます」と笑顔を見せる。「馬も暑い中頑張ってくれるので・・・。今週も頑張ります」と相棒たちへの配慮を忘れずに意気込んだ。

今週は小倉で土日それぞれ6鞍、計12鞍に騎乗。日に日にたくましさを増す彼女の成長から目が離せない。

◆永島(ながしま)まなみ 2002年(平14)10月27日、兵庫県生まれ。栗東・高橋康之厩舎所属。兵庫競馬の調教師で元騎手の父太郎氏の姿を格好いいと思い騎手を目指す。目標は武豊、岩田康騎手。趣味はピアノと料理、特技は水泳。座右の銘は一生懸命。160センチ、45キロ。A型。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】