日仏でG1・5勝を挙げた98年の年度代表馬タイキシャトル(牡)が17日早朝に急死した。28歳だった。引退馬協会が公式サイトで発表した。死因は老衰による心不全とみられる。けい養先のノーザンレイク(北海道新冠町)で余生を過ごしており、前日16日は元気で食欲も旺盛だったが、この日午前5時ごろに馬房で死んでいるのが見つかったという。

デヴィルズバッグ産駒の米国産馬で、藤沢和雄厩舎から97年にデビューした。同年ユニコーンSで重賞初制覇を果たすと、同年秋にはマイルCSとスプリンターズSでG1・2連勝を果たして最優秀短距離馬に選出された。翌98年夏にはフランス遠征を敢行して、主戦の岡部幸雄騎手(当時)を背にG1ジャックルマロワ賞で世界の強豪を退けて勝利した。通算成績は13戦11勝。うち重賞8勝、G1・5勝を挙げた。

引退後は種牡馬となり、代表産駒にはウインクリューガーやメイショウボーラーなどがいる。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】