<巴賞:追い切り>

日曜函館メインの巴賞(オープン、芝1800メートル、7月3日)でロードマックス(牡4、藤原英)が1週遅れの勝利を目指す。

先週の青函S除外を受け、600メートル長いこちらに進路をスイッチした。距離経験はマイルまでだが、21年NHKマイルC5着の実績馬。初のコーナー4回でも磨いてきた決め手は侮れない。この日は松田騎手を背に函館芝で4ハロン51秒5-11秒8を馬なりでマーク。同騎手は「力はある馬。動きはずっといい。すごい脚を使うので千八でも折り合えば」と期待を寄せた。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】