<安田記念:1週前追い切り>

昨年8着の雪辱に燃えるサリオス(牡5、堀)が2戦ぶりにコンビを組むレーン騎手を背にして、美浦ウッドを単走で駆け抜けた。

時計は馬なりで5ハロン70秒1-11秒6と速くはないが、鞍上の合図にスッと反応して瞬時に加速した。気配は良好そのものだ。レーン騎手は「いい調教ができた。前向きさや集中力がたっぷり。僕はいつもこの馬に乗るのが楽しみ」と話していた。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】