メトロポリタンS2着のフライライクバードが初タイトルを目指す。

大江助手は「使った後も問題なく、体が締まった。前走は直線まで頑張った。重賞を勝っている馬といい勝負をしてくれたし、自分の力を見せてくれたレースだった」と評価する。今回が4度目の重賞挑戦。「テンションの振れ幅が大きいので自分自身との闘い。集中できるかどうか」とレース当日の集中力が鍵となる。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】