土曜中京のメインは、平安S(G3、ダート1900メートル、21日)が行われる。ここで重賞初制覇を狙うのがブルベアイリーデ(牡6、杉山晴)だ。現在11戦連続で掲示板(5着以内)を確保している堅実馬。脂の乗り切った6歳馬が悲願を達成するか。

   ◇   ◇   ◇

全休日明けの17日、ブルベアイリーデは朝日が当たる坂路を重厚感のあるキャンターで駆け上がった。「前走後、いったん放牧に出したが順調にきている」と杉山晴師は満足げだ。

安定感抜群だ。現在11戦連続で掲示板(5着以内)に載り、7戦前のオアシスS以降は6戦で馬券の対象になってきた。前走マーチSでは苦手とされた右回りで3着に好走。騎乗した戸崎騎手はレース後、「上手に走ってくれた」とコメント。そのあたりが、地力強化の証しだろう。

最後に勝利を挙げたのは昨夏新潟のBSN賞。2着に3馬身差の圧勝だった。「あの時はすごく具合が良かったが、今回はそれに近いものがある」と、師も好調ぶりを感じている。昨年のJpnI帝王賞、JRA・G1チャンピオンズCを制したテーオーケインズは強敵だが、3キロの重量差がある。JRA重賞9度目の挑戦で初タイトルを獲得するか。【岡本光男】

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】