<とっておきメモ>

<ヴィクトリアM>◇15日=東京◇G1◇芝1600メートル◇4歳上牝◇出走18頭

大人になったソダシ(牝4、須貝)が古馬マイル女王に輝いた。好位から直線残り100メートルで抜け出し、4番人気ながら快勝。3戦ぶりに芝に戻ってフルに実力を発揮し、無傷の5連勝で制した昨年の桜花賞以来、G1・3勝目を挙げた。2着に2馬身差で勝ちタイムは1分32秒2。これで芝マイルは4戦4勝。強い白毛のアイドルホースが、府中でよみがえった。

   ◇   ◇   ◇

性格も能力も、人知を超えた“神秘の馬”だ。白毛馬ソダシは、清らかな見た目からは想像できないほどに気難しい。機嫌を損ねれば思わぬ惨敗もある。そんな乙女心とつき合う秘訣(ひけつ)は? かつて吉田隼騎手に聞いたことがある。

「変にプレッシャーを与えないっていうのが大事なのでは。怒っても言うことを聞く感じでもないし・・・」

だから、いつも優しく我慢強く寄り添う。今浪厩務員からも「あれだけ優しい騎手はいないと思う。怒ったり無理に動かそうとしたりしない。出会えてよかった」と感謝されている。

その走りは常識を超えていく。鞍上も「1戦1戦『この馬、すげえな』って思わされます」と舌を巻く。2戦目の札幌2歳Sを勝った直後には「来年は関東オークス(3歳牝馬のダート統一G2)を」と話していたという。阪神JF当時は「僕の中では『G1を勝つならここしかない』と思っていた」と明かす。芝で複数のG1を勝つ馬になるとは予想できなかった。

底知れぬ可能性を秘めた純白のアイドル。彼女をエスコートできるのは「誰よりも優しい騎手」しかいない。【中央競馬担当=太田尚樹】

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】