<ヴィクトリアM>◇15日=東京◇G1◇芝1600メートル◇4歳上牝◇出走18頭

3着には6番人気レシステンシア(牝5、松下)が粘り込んだ。

スタートの勢いそのままに単独2番手キープ。直線で逃げ馬を捉えにいき、最後は伸び切れなかった。それでも粘りを見せて、逃げたローザノワールをゴール前でかわして馬券圏内を死守した。

横山武史騎手は「個人的にマイルは長いと思っていたけど、馬の根性に救われました。よくここまで粘ってくれました」とたたえた。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】