<ロッキンジS>◇14日=ニューベリー(英国)◇G1◇芝直線1600メートル◇4歳上◇出走9頭

バーイード(牡4、W・ハガス、父シーザスターズ)が圧倒的な人気に応えた。デビューから無傷の7連勝となり、ムーランドロンシャン賞、クイーンエリザベス2世Sに続くG1・3連勝となった。鞍上はジム・クロウリーで勝ちタイムは1分35秒71。

昨年10月のクイーンエリザベス2世Sでパレスピアーを破り、英国最強マイラーの座をつかんだバーイードが鮮やかに4歳シーズン始動戦を飾った。残り300メートルまで馬群の好位を手応えよく進み、残り200メートルで抜け出すと、最後は楽々と2着リアルワールドに3馬身4分の1差をつけ、先頭でゴールを駆け抜けた。

デビューから7戦すべてマイルの距離を走ってきたバーイード。次走はロイヤルアスコット開催初日のクイーンアンS(G1、芝直線1600メートル、6月14日)が有力視されているが、陣営は最大目標として、10ハロン路線のビッグレースである英インターナショナルS(G1、芝2050メートル、8月17日=ヨーク)を挙げている。サセックスSとジャックルマロワ賞で欧州のマイルG1を転戦予定のバスラットレオン(牡4、矢作)と対決する可能性もあり、今後の動向に注目だ。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】