<週末はみんなでジャンプ2022=第38回・5月15日>

極ウマ競馬班の才媛・三嶋まりえ記者、マーケティング予想の井上力心(よしきよ)記者、海外競馬&ジャンプ大好きの木南友輔記者が今週も障害競走を楽しく、そして、本気で予想します。

   ◇   ◇   ◇

まりえ くーーーーーーーーーっ。

力心 しびれるレースでしたね、京都ハイジャンプ。10歳馬、お見事です。さすが、タガノエスプレッソ、さすが、石神騎手でした。

木南 ワーウルフの小野寺騎手も懸命に追っていたけど、勝った人馬の立ち回りが上だった。あそこまでいったら、小野寺君の重賞初制覇も見たかったよ。ただ、やっぱり、石神騎手はすごい。週初めに話したとき、「厩舎からは積極的な競馬のときに結果が出ているから、そういう競馬をしてほしいって言われました。まだ僕自身、中京芝3900メートルのコースの特性はつかめてはいないんですけどね」って話していたんだ。序盤に大逃げで貯金をつくって、それを生かし切った。

まりえ われわれ3人が推したポルトラーノは3着。スタートで後方からになったものの、中盤は自ら動いて、前を追ったんですが・・・。

力心 3900メートルの距離で最後まで頑張りましたし、次に期待ですね。

木南 日曜の予想も頑張ろう。ジャンプ競走は新潟で未勝利戦が2鞍組まれている。

まりえ まずは4R。私は初障害の◎ビバヴィットーリオを狙います。平地の1勝クラスで好レースを続けている5歳馬。このフレッシュな状況で転向してくるのが魅力です。

力心 この馬はなんと言っても血統だよね。

まりえ お兄さんはミヤジタイガ。平地では13年の皐月賞、ダービーに出走し、弥生賞(2着)ではコディーノ、エピファネイア、キズナに先着した馬です。障害に転向した後は4勝。中山のイルミネーションJSを制しています。血統的にも楽しみはメチャメチャ大きいです。

力心 僕もここは初障害の◎ゴーストを。セン馬で難しいところがあるのかもしれませんが、ジャンプで集中して走れれば。追い切りの時計は優秀です。森一騎手のエスコートに期待します。

木南 俺は今回が3戦目の◎ラジェドール。平地の脚はまだまだこれからだけど、前走は先頭に立つシーンもあって、見せ場十分の内容だった。

まりえ 5Rは◎ダイメイコスモスです。2走前からブリンカーを着用していて、2走前は阪神で2着、前走は福島で3着。今回は順番がきそうなメンバーだと思う。

力心 僕はここも初障害の◎ファルヴォーレを狙います。先週大差勝ちのフォッサマグナを見て、このコーナー創設当初に自分が大事にしていたものを思い出しました。それは「短距離のスピード」です。平地で短距離を走っていたスピードのある馬は適性のある馬が多い。一昨年の新潟2歳S4着馬で1200~1400メートルで好走してきた馬。そのスピードを発揮できれば・・・。

木南 俺は◎リアムで勝負する。初戦は後方から差を詰めてくる内容だったので、2戦目の今回は期待できる。今週は土日3鞍とも、草野騎手の騎乗馬に◎。京都ハイジャンプは残念だったけど、いいリズムで競馬できていると思うから。

まりえ ジョッキーに注目すると、やっぱり石神騎手。土曜の京都ハイジャンプが今年の7勝目でした。絶好調です。

力心 日曜新潟の2頭も一発ありそうな感じはしますね。気にしておきたい。

木南 4Rのコウソクスピードは「初戦ですけど、飛越もいいので楽しみ」、5Rのハーツシンフォニーは「前進気勢があまりないのでブリンカーの効果が出れば。飛越は上手です」って。確かにどっちも一発ありそうだね・・・。

まりえ さあ、新潟のハードルでその名を刻め。

力心 ヒーローイズ、カミング!

◆三嶋毬里衣(みしま・まりえ)1994年(平5)12月2日生まれ。最初に見た競走馬はアーモンドアイ。好きな飲み物はクラフトビール。ツイッター「@mishima_marie」でさまざまな競馬情報を発信中。

◆井上力心(いのうえ・よしきよ)1986年(昭61)9月6日、福岡県北九州市生まれ。幼少時に父と小倉競馬場へ行き、競馬の魅力にはまる。ITエンジニア、マーケティングコンサルタント職を経て、日刊スポーツ新聞社の競馬担当へ。マーケティング用語を駆使した独自の予想にチャレンジ。

◆木南友輔(きなみ・ゆうすけ)1980年(昭55)8月6日、東京都生まれ。趣味は登山と社会人野球観戦。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】