重賞未勝利ながら、ぬいぐるみが発売されるなど人気を集めたヨシオ(牡9、森)が、11日付で競走馬登録を抹消された。今後はJRA馬事公苑で乗馬になる予定。現役78戦目となった今年4月の京葉S(9着)がラストランとなった。

JRA日高育成牧場(北海道浦河町)生産のヨハネスブルグ産駒で、15年7月にデビューした。今なお現役のダービー馬マカヒキの同期にあたる。

5歳4月にオープン入りを果たし、18年マーキュリーC(統一G3)では2着に好走した。20年にオープンのジャニュアリーSを制したが、重賞には手が届かなかった。通算成績は78戦6勝(うち地方3戦0勝)。

20年にはジャパンC(15着)とチャンピオンズC(16着)に連闘で出走したことで話題を集めた。ファンの人気も高く、昨年に京都競馬場の企画で実施された「アイドルホースオーディション」では1万9434票で、2位メロディーレーンや3位キセキを押さえてトップの得票を集め、ぬいぐるみが発売された。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】