ドバイターフでG1初制覇を挙げたパンサラッサ(牡5、矢作)は、状態次第で6月26日阪神の宝塚記念(G1、芝2200メートル)を視野に入れることが6日、分かった。管理する矢作師が明らかにした。

同師は「あくまで状態がともなえばだけど、宝塚記念に向かう。馬場適性、現在の世界の情勢を鑑みた。もちろん日本の競馬を盛り上げたいという気持ちがある。改めて秋は海外も視野に入れていきます」と説明した。なお、僚馬でドバイゴールドCを勝ったステイフーリッシュ(牡7)も、状態がともなえば宝塚記念を視野に入れる。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】