JRAは8日、22年度の新規騎手免許試験の合格者を発表した。JRA競馬学校騎手課程を卒業する9人と、20年全日本障害飛越選手権優勝者の小牧加矢太騎手の計10人が来月3月にデビューする予定。

なお今村聖奈騎手(18)が合格し、昨年デビューした古川奈穂騎手(21=矢作)、永島まなみ騎手(19=高橋康)に続き2年連続で女性ジョッキーが誕生した。藤田菜七子騎手(24=根本)を含めて、女性騎手は現役4人になる。

また小牧加矢太騎手は障害専門ジョッキーとして合格し、父はJRAの小牧太騎手。

合格者は次の通り。

今村聖奈(18)

大久保友雅(18)

川端海翼(18)

佐々木大輔(18)

土田真翔(17)

角田大河(18)

西塚洸二(17)

水沼元輝(19)

鷲頭虎太(18)

※以上、競馬学校卒業生

小牧加矢太(25)

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】