<AJCC:追い切り>

冬の伝統重賞AJCC(G2、芝2200メートル、23日=中山)に向けた最終追い切りが20日に行われた。

2度目の重賞挑戦となるエヒトは、坂路で最終追い切りを行った。松本騎手(レースは菅原明騎手)を背に4ハロン50秒1-11秒9の自己ベストをマーク。セントウル(古馬2勝クラス)を4馬身追走して、1馬身先着した。森師は「あれだけ動いていれば大丈夫。前走もいい勝ち方だったし、中山も問題ない」と話した。重賞初制覇に向けて体調は万全だ。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】