社台スタリオンステーション(北海道安平町)は30日、ジャパンCでG1・5勝目を挙げて引退したコントレイル(牡4、矢作)の22年シーズン種付料を1200万円(受胎確認後)に決定した。

父ディープインパクトも初年度の07年は同じく1200万円だった。同じ3冠馬オルフェーヴルの初年度の14年は600万円だった。

同ステーションのけい養馬ではエピファネイアの1800万円、ロードカナロアの1500万円に次いで、キズナと並んで3位タイとなる。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】