ジャパンC(G1、芝2400メートル、28日=東京)に参戦するアイルランドのブルーム(牡5、A・オブライエン)は26日、東京競馬場のダートコースで僚馬ジャパンとともに調教を行った。ブルームが先行し、ジャパンが追走する形のキャンターを2本。共同会見にはパット・キーティング助手が出席し、意気込みを語った。

    ◇    ◇    ◇  

「(今年すでに10戦しているが)輸送慣れしているので、今回もまったく問題がありませんでしたし、白井(競馬学校)の検疫所でも大変落ち着いていました。調教も大変良好です。私たちは大変満足しています。今日の調教も2頭ともに騎乗者は満足する状態でした。(長所は)スピードがあって、ステイヤーとしても我慢強い馬ですね。精神的に落ち着いていて、よいマインドを持った馬です。すでに10戦していますが、レースで走ることを好んでいるんです。(エイダン・オブライエン厩舎は5度目のジャパンC参戦になるが)日本馬はどんどん強くなってきていて、今、世界のレースを見渡しても、はるかに強くなってきたと考えています。欧州の馬と同等、あるいはそれを上回るレベルで成功していますね。そして、東京競馬場は世界有数の素晴らしい競馬場だと思います。(日本の調教施設はどうか)バリードイル(オブライエン厩舎の調教場)はオールウェザーやチップで調教しています。こちらのダートの施設も大変素晴らしいと思いますよ。(相手関係の印象は)3冠馬(コントレイル)はわれわれにとって、ビッグ、ビッグ、デンジャー(大きな大きな危険=めっちゃ強敵)になるでしょう。今年のダービー馬(シャフリヤール)もそうです。その他の馬はわれわれと同じだと思います。ジャパンカップはいつもグッドレースになります。ベリーハードレース、トゥウイン(勝つのが非常に難しいレースです)。常に強い馬が勝ち取っています。今までのジャパンCは毎年、常にいいレースだったと思っています。(馬場への対応は)速い馬場は問題ないし、アメリカの馬場も対応してくれました。凱旋門賞はガッカリでしたが、うまくいかなかったと言わざるをえません。今朝、こちらの芝を歩きましたが、十分な量の芝が生えて、よい状況に保たれている。問題なく対応できると思っています。(枠順については)ベリーグッド、ドロー。いい番号を引けたと考えていますし、いいスタートを切ることができると思います。ジャパンCなので時計は速くなると思うが、ブルームはさほど気にしないと思う。この馬場でうまくギャロップを展開していけると考えています」(キーティング助手)

  1. お得な新入会プラン登場!【極ウマ・プレミアム】でG1を当てよう!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】