<BCフィリー&メアターフ>◇6日(日本時間7日)=米デルマー◇G1◇芝2200メートル◇出走12頭

川田将雅騎手(36)が日本人騎手初のブリーダーズC制覇を果たした。6日デルマー競馬場のBCフィリー&メアターフ(G1、芝2200メートル)でラヴズオンリーユーを1着に導いた。

   ◇   ◇   ◇

川田騎手の父で佐賀の川田孝好調教師(65)が、息子の快挙を祝福した。7日に佐賀競馬の公式ツイッターを通じて「日本調教馬が北米最大のBC競走を勝ったのが驚きと興奮で一杯です」とした上で「朝の時点で興奮しすぎて言葉見当たらなかったんですけど、凄いことをやってのけたなということで でかした! あっぱれ! それしかないですね」(原文まま)とコメントした。

川田家は3代続けて佐賀の調教師というホースマンの家系で、孝好調教師も元騎手だった。将雅騎手にとってBCは少年時代からの憧れで「幼い頃から父が録りためた『世界の競馬』(NHK BS1で放映された番組)を見ていました。ヨーロッパなら凱旋門賞、アメリカならBCが1年の総決算。30年ぐらい前に物心ついた時から、2つのレースは認知していました」と明かしている。親子の夢をかなえた勝利ともいえそうだ。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】