<古都S>◇31日=阪神◇3勝クラス◇芝3000メートル◇3歳上◇出走11頭

JRA史上最少馬体重勝利馬のメロディーレーン(牝5、森田)が逃げ切り寸前のタイセイモナークをゴール寸前でかわし、9カ月ぶりの通算4勝目を挙げた。先週には半弟のタイトルホルダーが菊花賞を勝ったばかり。同舞台の阪神芝3000メートルで弟に続いた。

岩田望騎手はコンビで3勝目。「馬がしっかりとして、前々でレースをすることを覚えてくれた。斤量が軽く(53キロ)、それが最後の伸びにつながった。距離も合っていると思う」と話した。馬体重は前走比10キロ増。自己最高馬体重となる354キロでの勝利となった。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】