武豊騎手(52)が24日、阪神9Rを4番人気スーパーウーパー(牝3、森)で制し、史上初のJRA通算4300勝を達成した。2番手追走から抜群の手応えで3角過ぎには先頭。直線もしぶとく伸びて、後続の追い上げをしのいだ。87年3月1日のデビューから35年目での達成となった。

07年7月21日に岡部幸雄元騎手を抜く2944勝目を挙げてからは、自らの最多勝利記録更新を続けている。18年9月29日に4000勝、19年9月16日に4100勝。昨年8月9日に4200勝を達成していた。

その昨夏は無観客開催で「4300勝の時はお客さんがいるでしょう」と、当時からファンの前での節目到達を心待ちにしていた。今回は人数制限ながら有観客での達成。レース後には、スタンドから大きな拍手が起こっていた。

  1. お得な新入会プラン登場!【極ウマ・プレミアム】でG1を当てよう!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】