16日の英チャンピオンズデーが終了し、オイシン・マーフィー騎手(26)が3年連続の英国リーディングジョッキーに輝いた。153勝を挙げ、この日1勝で151勝のウィリアム・ビュイック騎手との激しい争いを制した。3年連続のリーディングは今世紀になって、01~03年のキーレン・ファロン、12~14年のリチャード・ヒューズに続く3人目となった。

マーフィー騎手は「天にも昇る気分です。家族と仲間に感謝しています。私は素晴らしいサポートを受けています。先週からたくさんの人がそばに来てくれました。フランキー・デットーリは毎日、僕の精神面を確認してくれました。私は26歳です。あと数年は挑戦し続けることができると思います。競馬は私の人生そのものであり、馬の存在なしでは私は幸せになることはできません」と喜びを語っている。

  1. お得な新入会プラン登場!【極ウマ・プレミアム】でG1を当てよう!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】