<追い斬り激論:秋華賞>

ソダシ1強? いやいや、G1でソダシに勝っている馬を忘れるな。秋華賞(G1、芝2000メートル、17日=阪神)の最終追い切りが13日、東西トレセンで行われた。関東からの刺客を探した東京2記者はオークス1、2着馬に注目。三嶋毬里衣(まりえ)記者はユーバーレーベン(手塚)、井上力心(よしきよ)記者はアカイトリノムスメ(国枝)を強烈にプッシュする。

   ◇   ◇   ◇

井上 乙女心は馬も人も難しいよね。いやあ迷う。

まりえ 何弱気なこと言ってるんすか? 乙女心を熟知する私にお任せを!

井上 さすがまりえさん、男勝りの頼もしさ。注目した馬は?

まりえ 樫の女王ユーバーレーベン。G1馬の貫禄を感じる動きでしたね。

井上 美浦ウッドで5ハロン67秒8-11秒9。インターミッション(古馬オープン)を追いかけて、余裕で1馬身先着した。

まりえ もともと調教駆けしないタイプですが、2週前→1週前→今週と追うごとに明らかに素軽さが増してきました。

井上 確かに体つきはシャープになってきた。でも今回は左前脚屈腱周囲炎の影響もあって、ぶっつけ本番。本来はたたき良化のタイプだけにどうだろうね?

まりえ 3週続けて追い切りに乗った津村騎手(レースはM・デムーロ)は「状態は(週ごとに)上がっているし間に合ったイメージ」と好感触。手塚師も「追い切りで想像以上に良化している。十分整ったと思う」と納得の表情でした。それに秋華賞はオークスからの直行組がトレンドです!

井上 18年アーモンドアイ、19年クロノジェネシス、20年デアリングタクトと3年連続Vは確かにすごいね。僕もトレンドに乗っちゃおう。

まりえ あ、まねした。

井上 忘れてならないのはアカイトリノムスメでしょ。オークスは結果的に差し有利の流れの中、好位から正攻法の競馬で2着は内容が濃い。

まりえ 今朝はどうでした?

井上 美浦ウッドで5ハロン68秒6-11秒8(馬なり)。府中牝馬Sに出るドナアトラエンテ(古馬オープン)相手に先行して、最後は楽に併入。脚取りも軽快だったし、後ろから来られても気分良く走れていたのが良かった。

まりえ 少し負荷が軽い感じがしましたが?

井上 国枝師は「先週しまいしっかりやって、大体できてるしちょうどいい追い切りになった」と言っていた。計算通りの内容だと思うよ。

まりえ 確かに先週は5ハロン64秒9-11秒4で追ってからの反応はすごかったですよね。

井上 そうそう。1週前追い切りに騎乗した戸崎騎手も「反応も良かったしスイッチが入って気持ちよく走れてた。以前から精神的な余裕が出た印象ですね」と成長を実感していた。自在性は先行有利の阪神内回りでは大きな武器になる。

まりえ 納得感はありますが、乙女は繊細っすよ。

井上 分かってるよ! 女心に寄り添いながら週末までしっかり取材だね!

  1. お得な新入会プラン登場!【極ウマ・プレミアム】でG1を当てよう!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】