<神戸新聞杯:追い切り>

ダービー馬シャフリヤールの鞍上福永祐一騎手(44)は、史上5人目のJRA通算2500勝に残り2勝に迫っている。3日間開催だった先週は7勝をマークし、12年連続のJRA年間100勝を達成。昨年の自己最多134勝を更新するペースで勝ち星を重ねる。

「自分の騎乗パフォーマンスというより、レース経験、レースへの理解度が深まっている。この馬ならこう乗ったら勝てるというのが分かるし、それを実行できるスキルが上がっている」と自己分析する。米国やフランス、ドバイなど海外競馬の実績に、JRAで1万8000回を超える騎乗経験が今の成績を支える。

神戸新聞杯は注目のダービー馬秋始動戦。中間は3週連続で追い切りに騎乗し「順調に来ているし、舞台も問題ない。体もしっかりとしてきたし、いい状態で使えると思う」と感触はばっちりだ。

  1. お得な新入会プラン登場!【極ウマ・プレミアム】でG1を当てよう!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】