デビュー13年目のJRA松山弘平騎手(31)が史上最速&最年少でJRA通算1万回騎乗に到達した。19日の中京6R(3歳以上1勝クラス、ダート1900メートル)でギブミーラブ(牝3、藤岡)に騎乗して達成(5着)。デビュー12年6カ月19日、31歳6カ月19日の大台達成でともに三浦皇成騎手が持つ記録(13年5カ月22日、31歳8カ月4日)の記録を更新した。

松山騎手は「たくさんの馬にのせていただき、ありがとうございます。池添兼雄厩舎でデビューさせていただいて、これまでたくさんの関係者の方々や馬たちに支えられてここまで乗ることができ、恵まれていると思っています。感謝の気持ちを忘れずに、これからもいいレースをしていきたいと思います」とコメントした。

1万回騎乗は史上45人目、現役30人目。18日の時点でJRA853勝、2着805回で勝率8・5%、連対率16・6%をマーク。昨年、デアリングタクトでの牝馬3冠などJRA・G1を4勝、重賞24勝を挙げている。

  1. お得な新入会プラン登場!【極ウマ・プレミアム】でG1を当てよう!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】