99年オークスを制したウメノファイバーが12日未明に繋養(けいよう)先の株式会社ハクレイファーム(北海道新冠町)で老衰のため死んだ。25歳だった。現役時は16戦4勝。重賞3勝(うちG11勝)。付加賞を含む総収得賞金2億3899万2000円。

   ◇   ◇   ◇

オークスなど重賞3勝すべての手綱を取った蛯名正義技術調教師の話 まじで? いつかはあることだけど、いざ直面すると寂しい気持ち。自分がガーッと(成績があがって)来たときの馬だからね。あのオークスはG1を勝った中では一番うまく乗れた。東京が得意な馬だったけど、距離は桜花賞って馬だったからどう乗るか考えて乗った。おとなしくて性格がいい馬で、乗りやすくて操作性が良かったからオークスではああいう競馬ができた。負かした馬がトゥザヴィクトリーだから、考えたらすごいことをしているよね。子どもたちもどこかで走ってくれるといいな。やっぱり寂しいね。自分も調教師になって、年も取っているから。そうなっていくんだ(現役時代に乗っていた馬たちが死んでいく)って実感するよ。

  1. お得な新入会プラン登場!【極ウマ・プレミアム】秋競馬ホクホク!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】