金沢競馬を運営する石川県競馬事業局は30日、新型コロナウイルスによるクラスター発生が認定されたため、8月10日までの開催(1、3、9、10日の4日間)を取りやめると発表した。

26日の感染者確認から30日までに8人(調教師2人、騎手3人、厩務員2人、装蹄師1人)の感染が確認された。今後は関係者全員のPCR検査を実施する。また、31日から8月8日までの場外発売も中止する。8月11日以降の開催については感染状況を踏まえて判断する。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】