トウカイテイオー最後の産駒で異例の7歳デビューというキセキノテイオー(牡、岡島)が、22日門別1R(ダート1000メートル)で初陣に挑み、6頭立て6着に敗れた。

スタートから流れについていけず、馬群から大きく離れた最後方を追走。1着から4秒6差の最下位で入線した。ほろ苦いデビュー戦となったが、石川倭騎手は「能検の時よりスタートは良かったですし、前向きさは感じられました。まだ競走馬になったばかり。経験を積んで強くなっていってくれれば」と話した。

父トウカイテイオーは、皇帝シンボリルドルフ産駒で91年ダービーなどG1を4勝。93年有馬記念では1年の休養明けの不利をはね返して勝利するなどファンに愛された。キセキノテイオーは、同馬が心不全で急死した13年8月30日の約1カ月半前の7月10日に種付けして生まれた、正真正銘最後のトウカイテイオー産駒。乗用馬として過ごしていたが、今年に入って競走馬となるトレーニングを開始。6月15日に行われた1度目の能検では不合格となったが、同28日の2度目で合格し、デビューにこぎつけていた。

  1. 回収率100%超!絶好調記者ほか全予想陣の印が見られる!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】